国際標準化団体の新仕様に対応したHDDセキュリティ技術を開発(富士通他) | ScanNetSecurity
2022.01.20(木)

国際標準化団体の新仕様に対応したHDDセキュリティ技術を開発(富士通他)

 富士通株式会社と株式会社富士通研究所は1月28日、国際標準化団体「Trusted Computing Group(TCG)」のストレージセキュリティの新仕様「Opal Security Subsystem Class(Opal SSC)」に対応した、「暗号化機能搭載2.5型ハードディスクドライブ」のセキュリティ技術を

製品・サービス・業界動向 業界動向
 富士通株式会社と株式会社富士通研究所は1月28日、国際標準化団体「Trusted Computing Group(TCG)」のストレージセキュリティの新仕様「Opal Security Subsystem Class(Opal SSC)」に対応した、「暗号化機能搭載2.5型ハードディスクドライブ」のセキュリティ技術を開発したと発表した。

 TCGのOpal SSC仕様は、よりセキュアなIT環境の実現を目指して標準化されたもの。同社は、同仕様に対応したHDDと、アプリケーションソフトを組み合わせることで、「プリブート認証」や「セキュアパーティション」など、高いセキュリティ機能の実現を可能としている。同社は今後もTCGの主要メンバーとして積極的に活動し、顧客の幅広いセキュリティニーズに応えた製品・ソリューションを提供していく予定だ。


http://pr.fujitsu.com/jp/news/2009/01/28.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×