ZIP暗号化機能を搭載したメール誤送信対策アプライアンスサーバを発売(NECソフト、インスパイアー) | ScanNetSecurity
2022.01.27(木)

ZIP暗号化機能を搭載したメール誤送信対策アプライアンスサーバを発売(NECソフト、インスパイアー)

 NECソフト株式会社とインスパイアー株式会社は1月15日、メール誤送信対策としてメール暗号化を確実に実現するアプライアンスサーバ「AddPoint/SA(アドポイント/エスエー)」を共同開発し、同日よりNECソフトから販売を開始した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 NECソフト株式会社とインスパイアー株式会社は1月15日、メール誤送信対策としてメール暗号化を確実に実現するアプライアンスサーバ「AddPoint/SA(アドポイント/エスエー)」を共同開発し、同日よりNECソフトから販売を開始した。

 AddPoint/SAは、オレンジソフトが開発しインスパイアーが販売元である、メール暗号化製品「BRODIAEA safeAttach」を搭載したオールインワン型のメール誤送信対策アプライアンスサーバ。ゲートウェイ方式のため、使用中のメールソフトから送信したい添付ファイルを「選択」「送信」の2ステップだけで、簡単・確実に添付ファイルのZIP暗号化を実現できる。パスワードメールの送信は、送信者がコントロールするため、万が一の誤送信時にも添付ファイルの復号化を防止可能。また、暗号化レポート機能により、いつ、誰が、どこに、どのようなメールを送信したか、暗号化有無の状況などを確認することができ、社内のIT統制を支援する。

 価格は、サーバ本体が3,675,000円(初期導入時点で2台以上導入の場合、2台目以降は2,940,000円)、年間保守料金が735,000円。

http://www.necsoft.com/press/2009/090115.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×