2008年12月の脅威傾向、Windowsの脆弱性を狙う深刻なゼロデイ脅威が発生(ソフォス) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.22(日)

2008年12月の脅威傾向、Windowsの脆弱性を狙う深刻なゼロデイ脅威が発生(ソフォス)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 ソフォス株式会社は1月20日、同社のグローバル脅威解析センターであるSophosLabsの調査による2008年12月のコンピュータセキュリティ脅威傾向を発表した。発表によると、2008年第4四半期以降マルウェア数が急激していたが、12月もその傾向が続いた。Windowsの脆弱性を狙った深刻なゼロデイ脅威が発生し、マイクロソフト社も緊急パッチを提供した。また、ユーザのコンピュータがマルウェアに感染したとして偽ウイルスソフトのインストールを進めるスケアウェアも数多く発生している。このほか、SNSを狙った攻撃の増加も目立った。

 2008年12月に同社が発行したアップデートのマルウェア種類別比率は、トロイの木馬(スパイウェアを含む)への対策が68%、Windowsワームおよびウイルスへの対策が14%、疑わしい振る舞いを検出する対策(Behavioral Genotype)が8%、PUA(業務上不要と思われるアプリケーション)が6%、その他が4%となっている。また、WebマルウェアTOP10では、1位が「Mal/ObfJs」(43.7%)、2位が「Mal/BadSrc」(32.9%)、3位が「Mal/Iframe」(13.4%)、4位が「Troj/Fujif」(4.3%)、5位が「Troj/Decdec」(0.9%)となっている。


http://www.sophos.co.jp/pressoffice/news/articles/2009/01/virustop10.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×