セキュリティプロトコルを動的に生成・カスタマイズする技術を開発(日立他) | ScanNetSecurity
2022.01.20(木)

セキュリティプロトコルを動的に生成・カスタマイズする技術を開発(日立他)

 株式会社KDDI研究所(KDDI研)、株式会社日立製作所、独立行政法人情報通信研究機構(NICT)は1月14日、世界で初めて、利用環境や危殆化状況に応じてセキュリティプロトコルを動的に生成・カスタマイズするセキュリティ技術を開発したと発表した。この技術は、2006年度

製品・サービス・業界動向 業界動向
 株式会社KDDI研究所(KDDI研)、株式会社日立製作所、独立行政法人情報通信研究機構(NICT)は1月14日、世界で初めて、利用環境や危殆化状況に応じてセキュリティプロトコルを動的に生成・カスタマイズするセキュリティ技術を開発したと発表した。この技術は、2006年度からNICTの委託研究として進めてきた「ユビキタスネットワークにおける環境に応じたセキュリティプロトコルの自動生成・カスタマイズ技術に関する研究開発」プロジェクトの3年間の研究成果となるもの。

 本技術では、通信機器の処理性能やネットワーク状況に応じて、セキュリティプロトコルを自動的に生成し、その安全性をリアルタイムに検証することにより、利用環境に最適なセキュリティプロトコルにカスタマイズできる。また、暗号アルゴリズムが危殆化した場合、別の安全なセキュリティプロトコルへ迅速に置換することが可能。これによりユーザは、単一のデバイスでさまざまなサービスを受けることができ、サービス提供者はサービス変更に伴うコストを大幅に削減できるため、安全かつ低コストでユビキタス社会を実現できる。

http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2009/01/0114.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×