Sambaのルートアクセスの脆弱性に関する検証レポートを公開(NTTデータ・セキュリティ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.24(土)

Sambaのルートアクセスの脆弱性に関する検証レポートを公開(NTTデータ・セキュリティ)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 NTTデータ・セキュリティ株式会社は1月7日、Sambaにおけるルートアクセスの脆弱性の再現性について検証を行い、結果を発表した。これは、Samba 3.2.6以前の環境において、Sambaへログインしたユーザ権限でターゲットシステムのすべてのディレクトリおよびファイルにアクセスされる脆弱性が発見されたことを受けたもの。この脆弱性により、管理者が意図しないシステム全体(システム自体のルートディレクトリ)にアクセスされ、機密情報が漏えいする可能性がある。なお、この脆弱性を解消する修正パッチおよび修正バージョン「Samba 3.2.7」がベンダからリリースされている。

 同社ではこの脆弱性について、「Samba 3.2.6」がインストールされた「Red Hat Enterprise Linux Server 5」をターゲットシステムに、同脆弱性を利用したリクエストを送信することでシステムのルートディレクトリにアクセスするという検証を行った。この結果、ターゲットシステムに存在するユーザの一覧を取得できた。このことから、悪意あるユーザにSSHなどから当該ユーザに対するオンラインクラックを実施され、システムへのさらなる制御の奪取を許す危険性があるとしている。


http://www.nttdata-sec.co.jp/article/vulner/pdf/report20090108.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×