ポータブルデバイスを介して拡散するワームが上位に(カスペルスキー) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.22(日)

ポータブルデバイスを介して拡散するワームが上位に(カスペルスキー)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 株式会社Kaspersky Labs Japanは1月6日、同社セキュリティネットワーク(KSN)の結果をもとに、2008年12月のウイルスTOP20を発表した。発表によると、11月に新しくランキング入りしたワーム「Mabezat.b」および「AutoRun.eee」は、12月になって順位をそれぞれ3つ上げた。これは、これらのワームがネットワークリソースを介した従来の拡散方法だけでなく、ポータブルデバイスを通じて効率よく拡がっている事実を反映している。

 また、10位に「Worm.Win32.AutoIt.ar」がランクインした。悪意あるプログラムの多くは、簡単にマスターでき、新プログラムを作成しやすいAutoItスクリプト言語で記述されているため、同ワームが急激に順位を上げたのも、このためだと思われる。ランキングの上位は、1位が「Virus.Win32.Sality.aa」、2位が「Packed.Win32.Krap.b」、3位が「Trojan-Downloader.Win32.VB.eql」、4位が「Worm.Win32.AutoRun.dui」、5位が「Trojan.HTML.Agent.ai」となっている。

http://www.kaspersky.co.jp/news?id=207578722
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×