2008年に登場した新種の悪性コード、スパイウェアは前年比約3倍(アンラボコリア) | ScanNetSecurity
2022.01.20(木)

2008年に登場した新種の悪性コード、スパイウェアは前年比約3倍(アンラボコリア)

 アンラボコリア(アンラボ)は12月29日、2008年1月から11月までの悪性コード/スパイウェア動向の分析結果を発表した。報告によると、この時期に発見された新種悪性コードは15,477個で、前年同期比の約2.8倍であった。また、スパイウェアは5,933個が新たに発見され、昨

製品・サービス・業界動向 業界動向
 アンラボコリア(アンラボ)は12月29日、2008年1月から11月までの悪性コード/スパイウェア動向の分析結果を発表した。報告によると、この時期に発見された新種悪性コードは15,477個で、前年同期比の約2.8倍であった。また、スパイウェアは5,933個が新たに発見され、昨年同期比の約2.8倍に増加した。急増の原因は亜種が多く作られたことや、インターネット上に公開されている悪性コード自動製作ツールによってハッカーが簡単に悪性コードを製作できるようになったためと考えられる。

 またアンラボは、一年の間の主な流れを分析した「2008年10大セキュリティ脅威トレンド」を発表。「個人情報流出目的の悪性コード急増」「巧妙な方法で約款させるスパイウェアの登場」「外国製にせセキュリティソフト猛威」「SQLインジェクションなどウェブ攻撃深刻化」「Adobe社製アプリケーションの脆弱性攻撃激化」「Microsoft社ソフトウェアを狙った攻撃継続」「ARPスプーフィング再登場」「個人情報流出の2次被害発生」「悪性コードの高度化」「ソーシャルエンジニアリング的トリックの知能化」などの脅威を挙げた。

http://japan.ahnlab.com/news/view.asp?seq=3798
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×