IEのデータバインディング処理の脆弱性を検証(NTTデータ・セキュリティ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.16(月)

IEのデータバインディング処理の脆弱性を検証(NTTデータ・セキュリティ)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 NTTデータ・セキュリティ株式会社は12月15日、Internet Explorer(IE)におけるデータバインディング処理の脆弱性の再現性について検証を行い、結果を発表した。これは、IEのデータバインディング処理の脆弱性の発表を受けたもの。この脆弱性により、細工されたXMLデータを含むWebページの閲覧、HTMLメールの表示、またはメールの添付を開いた場合に、そのローカルユーザと同じ権限を奪取される可能性がある。

 同社ではこの脆弱性について、IE 7がインストールされたWindows XP SP3をターゲットシステムとして検証を行った。Webページへアクセスすることで、IEの脆弱性を利用し任意のコードが実行され、制御が誘導されるかどうかを検証した。検証の結果、誘導先のコンピュータのコマンドプロンプト上にターゲットシステムのプロンプトが表示された。この結果から、ターゲットシステムの制御に成功したといえる。

http://www.nttdata-sec.co.jp/article/vulner/pdf/report20081215_02(ie).pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×