Web 2.0型サイトに対応する次世代セキュリティ・フィルタリング製品(ウェブセンス) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.19(木)

Web 2.0型サイトに対応する次世代セキュリティ・フィルタリング製品(ウェブセンス)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 ウェブセンス・ジャパン株式会社は12月2日、業界初となるリアルタイムWeb識別機能を搭載したセキュリティ・フィルタリング製品「Websense Web Security Gateway」を2009年1月より発売すると発表した。同製品は、Web 2.0型サイトにおける動的なコンテンツを分類、リアルタイムに判断し、適切にフィルタリングできるもの。

 高性能プロキシをバンドルしており、ユーザがストレスなく利用できる高速通信を実現する。またSSL解読エンジンを標準搭載することで、HTTPS(SSL通信)を利用したサイトも識別可能だ。導入コストを抑えた冗長化構成が可能であることも特長となっている。完全日本語対応したデータベースおよびインターフェース(管理画面)が提供される。価格は500ユーザで175万円(税別)など。

http://www.websense.com/global/ja/PressRoom/PressReleases/PressReleaseDetail/?Release=0812021729
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×