米Imperva社のWAFアプライアンスを発売(アークン) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.17(火)

米Imperva社のWAFアプライアンスを発売(アークン)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 株式会社アークンは12月2日、米Imperva社の「SecureSphere G2 Webアプリケーション ファイアウォール」を日本販売元として12月10日より販売開始すると発表した。価格は248万円から(税別)。本製品は、中規模環境向けのWAFアプライアンス。一般的なWAF製品と異なり、手作業による面倒なチューニングや設定をする必要がないことが特徴となっている。

 独自のホワイトリスト・ブラックリストを組み合わせることで、汎用アプリケーションか自社開発のWebアプリケーションかにかかわらず、脆弱性を狙った既知および未知の攻撃に対して1〜2名の兼任スタッフで保護・管理できる製品。「ゲートウェイ(G2 WAF)」と、複数の「ゲートウェイ」を一元管理する「MXマネージメントサーバ」の2種類のアプライアンスから構成され、またG2 WAFには従来のMXマネージメントサーバによる一元管理に対応しない「SE G2 WAF」と、一元管理に対応する「EE G2 WAF」がラインアップしている。

http://www.i-ze.com/main/press_2008_12_01.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×