国内セキュリティアプライアンス市場予測を発表(IDC) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.21(水)

国内セキュリティアプライアンス市場予測を発表(IDC)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 IDC Japan株式会社は12月1日、国内セキュリティアプライアンス市場に関する動向および予測を発表した。同レポートは、2005年〜2007年におけるセキュリティアプライアンス市場の動向を分析し、本市場についての2008年〜2012年の予測を提供したもの。これによると、2007年〜2012年の年間平均成長率(CAGR)は5.2%と予測しており、2008年の脅威管理アプライアンス市場は、前年比成長率で7.0%と成長率/出荷台数が出荷金額を上回った。一方、セキュアコンテンツ管理アプライアンス市場は、前年比成長率で23.8%。2007年〜2012年のCAGRは15.3%の高成長率で、内部統制対策や情報漏えい対策への高い需要を背景に拡大するとIDCではみている。

 また、UTMアプライアンス市場は、前年比成長率で31.0%と高成長率で市場は伸びており、2007年〜2012年のCAGRは15.9%で拡大するとみている。国内セキュリティアプライアンス市場については、情報漏えいや内部統制対策ソリューションとして企業の関心が強く、需要の高い市場のようだ。IDCでは、セキュリティアプライアンス市場を「脅威管理」と「セキュアコンテンツ管理」の2つに分類している。同市場についてIDC Japanセキュリティのリサーチマネージャは「アプライアンスは、サービス市場の拡大とともに市場は伸張するであろう。ベンダは、サービス提供を容易にするために管理ツールの強化を図るべきだ」と述べている。

http://www.idcjapan.co.jp/Press/Current/20081201Apr.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×