販促用ストラップ型USBメモリにウイルス混入(日本ビクター) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.18(火)

販促用ストラップ型USBメモリにウイルス混入(日本ビクター)

 日本ビクター株式会社は11月28日、同社が販売促進用として2008年7月よりユーザに配布したストラップ型USBメモリにおいて、一部の製品にウイルスが混入していることが判明したと発表した。ウイルス混入が確認されたUSBメモリは7月から11月に配布された販売促進用ストラ

製品・サービス・業界動向 業界動向
 日本ビクター株式会社は11月28日、同社が販売促進用として2008年7月よりユーザに配布したストラップ型USBメモリにおいて、一部の製品にウイルスが混入していることが判明したと発表した。ウイルス混入が確認されたUSBメモリは7月から11月に配布された販売促進用ストラップ型USBメモリ1,015個で、緑色、赤色、青色、の3種類が存在する。混入したウイルスはトロイの木馬「TSPY_QQPASS.CKS」と「Mal_Otorun1」(ともにトレンドマイクロでの検出名)の2種類。同社では、該当製品の利用ユーザに対し、直ちに使用を中止しウイルス感染の確認を行うよう呼びかけている。また、安全が確認された製品
との交換にも対応している。


http://www.victor.co.jp/support/info/usb/index.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×