LAN接続HDDにCSRFの脆弱性(アイ・オー・データ) | ScanNetSecurity
2020.10.25(日)

LAN接続HDDにCSRFの脆弱性(アイ・オー・データ)

 株式会社アイ・オー・データ機器は11月26日、同社のLAN接続型HDD「HDL-Fシリーズ」において、「クロスサイト・リクエスト・フォージェリ(CSRF)の脆弱性」に該当するセキュリティ上の脆弱性が存在することが判明したと発表した。対象となる製品は「HDL-F160」「HDL-F

製品・サービス・業界動向 業界動向
 株式会社アイ・オー・データ機器は11月26日、同社のLAN接続型HDD「HDL-Fシリーズ」において、「クロスサイト・リクエスト・フォージェリ(CSRF)の脆弱性」に該当するセキュリティ上の脆弱性が存在することが判明したと発表した。対象となる製品は「HDL-F160」「HDL-F250」「HDL-F300」「HDL-F320」。同社では、サポートライブラリに掲載しているファームウェアバージョンVer.1.02(2008年8月29日公開開始)以降のファームウェアを適用することで、この脆弱性を解消できるとしている。


http://www.iodata.jp/news/2008/important/hdl-f.htm
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×