2007〜2012年のシンクライアント専用端末市場CAGRは36.0%と高成長(IDC) | ScanNetSecurity
2020.10.20(火)

2007〜2012年のシンクライアント専用端末市場CAGRは36.0%と高成長(IDC)

 IDC Japan株式会社(IDC)は11月19日、シンクライアントについての国内調査を実施、その結果を発表した。同調査は、シンクライアント専用端末出荷台数および市場規模について調査、分析したもの。調査結果によると「2012年には、シンクライアント専用端末端末の出荷台

製品・サービス・業界動向 業界動向
 IDC Japan株式会社(IDC)は11月19日、シンクライアントについての国内調査を実施、その結果を発表した。同調査は、シンクライアント専用端末出荷台数および市場規模について調査、分析したもの。調査結果によると「2012年には、シンクライアント専用端末端末の出荷台数が54万台を超え、市場規模は1,415億円に達する」と予測している。また2007年から2012年の出荷台数の年間平均成長率(CAGR)は36.0%と高成長が期待できるとしている。

 なお、端末の出荷台数は07年の実績値で11万6,000台、08年の予測値で17万台超である。さらに端末と、PCにUSBメモリーキーを装着したシンクライアント化端末を合わせた総出荷台数は2007年の実績値で19万6,000台。2012年には87万6,000台に達するとみている。同発表の詳細は、HPの「国内シンクライアント市場2008年上半期の分析と2008年〜2012年の予測:仮想化とモバイルシンクライアントの動向」に掲載されている。

http://www.idcjapan.co.jp/Press/Current/20081119Apr.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×