IBMメインフレームで動作するLinuxに対応したSSH新製品を販売開始(ディアイティ) | ScanNetSecurity
2020.10.23(金)

IBMメインフレームで動作するLinuxに対応したSSH新製品を販売開始(ディアイティ)

 株式会社ディアイティは11月12日、フィンランドのSSH コミュニケーションズ・セキュリティ社が開発したIBMメインフレーム向けSSH製品「SSH Tectia Server for Linux on IBM System z」を12月1日より販売開始すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 株式会社ディアイティは11月12日、フィンランドのSSH コミュニケーションズ・セキュリティ社が開発したIBMメインフレーム向けSSH製品「SSH Tectia Server for Linux on IBM System z」を12月1日より販売開始すると発表した。

 同製品は、IBMメインフレームシステムで動作するLinux(Linux on IBM System z)上において、強力なデータ暗号化、セキュアなファイル転送機能等を提供するSSH Tectiaシリーズの新製品。第三世代のSSH G3アーキテクチャの採用により、大企業での利用にも適した高いパフォーマンスを実現。OpenSSHをはじめとする従来のSSHとは異なるマルチスレッド処理、nxmサーバプロセスアーキテクチャによるメモリ消費の最適化、大規模なアプリケーションのためのCryptiCore暗号化アルゴリズムの採用などの高機能により、セキュアなファイル転送、データ通信環境を構築できる。価格はオープン(参考価格は1,800,000円〜)。

http://www.dit.co.jp/news/news2008/2008_1114.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×