Windowsの脆弱性検証レポートを発表、複数システム上で制御奪取を確認(NTTデータ・セキュリティ) | ScanNetSecurity
2020.10.20(火)

Windowsの脆弱性検証レポートを発表、複数システム上で制御奪取を確認(NTTデータ・セキュリティ)

 NTTデータ・セキュリティ株式会社11月13日、マイクロソフト社が10月24日に緊急として公開したセキュリティ情報「MS08-067:Server サービスの脆弱性により、リモートでコードが実行される」の再現性について検証したレポートを発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
 NTTデータ・セキュリティ株式会社11月13日、マイクロソフト社が10月24日に緊急として公開したセキュリティ情報「MS08-067:Server サービスの脆弱性により、リモートでコードが実行される」の再現性について検証したレポートを発表した。

 報告によると、この脆弱性により、リモートからコードを実行され、システムを完全に制御される危険性があるとのこと。想定される被害としては、システム権限での情報取得、改ざんまたはワームやスパイウェアなど悪意あるプログラムをインストールされることが挙げられている。また影響を受けるシステムは、Windows 2000 SP4/XP SP2、3/Vista SP1/Server 2003 SP3/Server 2008などで、主なWindows製品がすべて含まれてる。

 検証では、このうちWindows 2000/XP/Server 2003の各日本語版をターゲットにして攻撃コードを実行し、ターゲットシステム上から悪意のあるユーザーのPCへコネクションを確立させるよう誘導した。その結果、実際にシステム制御の奪取が可能となり、ターゲットシステム上でコマンドが実行できることが確認されている。同社では今回の対策として、充分な検証の後、運用に支障をきたさないことを確認した上で、修正プログラム(MS08-067)の適用を行うよう呼びかけている。

http://www.nttdata-sec.co.jp/article/vulner/pdf/report20081113.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×