サイトに不正アクセス、閲覧者にウイルス感染の可能性(JA全農) | ScanNetSecurity
2020.10.22(木)

サイトに不正アクセス、閲覧者にウイルス感染の可能性(JA全農)

 JA全農は11月16日、全農ホームページへの不正アクセスが発覚したため、同ホームページのサービスを11月14日より一時的に停止していると発表した。これは、9月30日より10月25日までの間に断続的に全農ホームページサーバへ、悪意ある不正アクセスがあったというもの。不

製品・サービス・業界動向 業界動向
 JA全農は11月16日、全農ホームページへの不正アクセスが発覚したため、同ホームページのサービスを11月14日より一時的に停止していると発表した。これは、9月30日より10月25日までの間に断続的に全農ホームページサーバへ、悪意ある不正アクセスがあったというもの。不正アクセスの内容は、「全農ホームページ」内の『JA関連団体への外部リンク集』ページにアクセスしたユーザに対し、ウイルス感染を誘発するサイトへ自動的にアクセスさせ、ウイルスをダウンロードするようにプログラムを改ざんしていた。

 JA全農では、9月30日より11月14日までの間に該当ページを閲覧したユーザはウイルスに感染した可能性があるとして、対処するよう呼びかけている。現在確認されているウイルスは「JS_AGENT.IMK」「JS_AGENT.NND」「JS_SCRIPT.CH」の3種類だという(トレンドマイクロによる名称)。JA全農では現在、ユーザの感染リスクを予防するとともに、複数の専門機関による詳細な調査を実施しており、細部にわたる安全が確認でき次第、ホームページを順次再開していくとしている。

http://www.zennoh.or.jp/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×