感染を狙う悪質な添付ファイルを含むメールが急増(ソフォス) | ScanNetSecurity
2020.10.29(木)

感染を狙う悪質な添付ファイルを含むメールが急増(ソフォス)

 ソフォス株式会社は11月17日、2008年10月のコンピュータセキュリティ脅威傾向を発表した。10月にSophosLabsが発行したマルウェアアップデートは184回で、1,097種類の対策がなされている。このうち78%がトロイの木馬(スパイウェアを含む)への対策であった。同社の調

製品・サービス・業界動向 業界動向
 ソフォス株式会社は11月17日、2008年10月のコンピュータセキュリティ脅威傾向を発表した。10月にSophosLabsが発行したマルウェアアップデートは184回で、1,097種類の対策がなされている。このうち78%がトロイの木馬(スパイウェアを含む)への対策であった。同社の調査によると、2008年7〜9月に配信された、ユーザのコンピュータへの感染を狙う悪質な添付ファイルを含んでいたメールは、全メールに対して0.2%(416件に1件)の割合であった。2008年4〜6月には0.03%(3,333件に1件)だったのに対して8倍と急激に増加している。

 2008年10月もこの傾向が続き、請求書などを詐称して添付ファイルを開かせようとするメールマルウェアが蔓延した。2008年10月に確認された添付ファイル型メールウイルスの比率は、全メールに対して0.39%(256件に1件)となっている。SophosLabs の報告によると、9月28日から10月27日の30日間にソフォスのスパムトラップで検知されたユニークな悪質添付ファイル(MD5チェックサムによって異なるファイルとされたもの)は133件で、1日平均4件が「大規模感染」したことになる。


http://www.sophos.co.jp/pressoffice/news/articles/2008/11/virustop10.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×