ポリシー違反の従業員を管理できていない実態が明らかに(クリアスウィフト) | ScanNetSecurity
2020.10.20(火)

ポリシー違反の従業員を管理できていない実態が明らかに(クリアスウィフト)

 クリアスウィフト株式会社は11月12日、電子メールとWebの利用実態における最新の調査結果を発表した。調査結果によると、企業の多くは業務に関する内容のアップロード禁止(35%)、個人情報送付の禁止(33%)、Webメール使用の禁止(26%)など、何かしらの制限をし

製品・サービス・業界動向 業界動向
 クリアスウィフト株式会社は11月12日、電子メールとWebの利用実態における最新の調査結果を発表した。調査結果によると、企業の多くは業務に関する内容のアップロード禁止(35%)、個人情報送付の禁止(33%)、Webメール使用の禁止(26%)など、何かしらの制限をしているが、従業員の多くは職場でWebメールや掲示板など日常的に利用していることがわかった。こうした従業員の電子メールおよびWeb利用の実態から、セキュリティリスクが懸念される。また従業員の多くは、実際に電子メールの宛先間違い送信(20%)や添付ファイルの暗号化し忘れ(22%)など誤送信を経験していた。

 さらに、半数以上の回答者(54%)が仕事を持ち帰る際、プライベートメールアドレスに送る方法が手軽でよいと考えており、ブログや掲示板の業務利用は広告効果があると考える人は32%であった。一方、職場における電子メールやWeb利用から生じる情報漏えいやセキュリティリスクについては、90%以上が問題だと認識しており、企業はセキュリティリスクを認識しながらも電子メールやWeb利用のポリシー違反を続ける従業員を完全に管理できていないのが現状で、企業の設定したセキュリティポリシーの有効性、実用性が問われる結果となった。

http://www.clearswift.co.jp/news/PressReleases/?081112
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×