10月のマルウェア状況を発表(G DATA) | ScanNetSecurity
2020.10.28(水)

10月のマルウェア状況を発表(G DATA)

 G DATA Software株式会社は11月7日、2008年10月のマルウェア状況を発表した。発表によると、ジーデータ・セキュリティラボで確認された10月のマルウェア数は1ヶ月間で80,389件に上った。今年のピークであった8〜9月と比べると、やや下がっているものの、2008年1月から

製品・サービス・業界動向 業界動向
 G DATA Software株式会社は11月7日、2008年10月のマルウェア状況を発表した。発表によると、ジーデータ・セキュリティラボで確認された10月のマルウェア数は1ヶ月間で80,389件に上った。今年のピークであった8〜9月と比べると、やや下がっているものの、2008年1月から10ヶ月間の累計は約706,000件になった。昨年の約133,000という記録的な数字よりも、すでに5倍以上の数値となっている。

 当初懸念していた100万件を超えるのではないか、という危惧はやや回避される可能性が出てきたが、年末は毎年ウイルス発生が上昇する傾向にあり、引き続きの警戒を呼びかけている。マルウェアカテゴリでみるトップ5では、10月のマルウェアは先月の1位と2位、3位と4位が入れ替わり、トロイの木馬(30.3%)、バックドア(23.0%)、ダウンローダー(21.4%)、スパイウェア(14.6%)、アドウェア(4.3%)の順となった。特にトロイの木馬が8月から上昇しており、昨年の比率と比べると20%もの上昇となっている。


http://gdata.co.jp/press/archives/2008/11/10.htm
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×