統合ログ管理アプライアンスシリーズに日本語版2製品を追加(LogLogic Japan他) | ScanNetSecurity
2022.01.22(土)

統合ログ管理アプライアンスシリーズに日本語版2製品を追加(LogLogic Japan他)

 LogLogic Japan株式会社は10月24日、同社の統合ログ管理アプライアンス製品シリーズに「LogLogic 4.4i MX2010 日本語版」(MX2010)を追加し、またゲートウェイ・アプライアンスの新製品「LogLogic LG400」(LG400)を提供開始すると発表した。ともに同社のビジネスパ

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 LogLogic Japan株式会社は10月24日、同社の統合ログ管理アプライアンス製品シリーズに「LogLogic 4.4i MX2010 日本語版」(MX2010)を追加し、またゲートウェイ・アプライアンスの新製品「LogLogic LG400」(LG400)を提供開始すると発表した。ともに同社のビジネスパートナーである兼松エレクトロニクス株式会社が販売を行う。「MX2010」は、さまざまなデバイス、OS、アプリケーションからのログデータを100%完全に収集、蓄積する統合ログ管理アプライアンス製品。

 最新のLogLogic統合ログ管理エンジン「LogLogic 4.4i」と、1年分のログを保管可能な2TBのオンボードストレージを搭載。ログ収集機能と蓄積機能を、中規模のオペレーションに最適な仕様に統合し、導入しやすい価格帯(900万円/税別)で提供する。またLG400は、Windowsサーバのログをエージェントレスで収集・管理可能なゲートウェイ・アプライアンス。管理対象システムに常駐ソフトウェア(エージェント)をインストールする必要がないため、導入・運用の負荷が少なく遠隔地の数百のWindowsシステムのログを1拠点から収集・管理することが可能となる。販売価格は360万円(税別)。

http://www.loglogic.com/documents/translated/news/news-releases/kel-to-sell-mx-and-lg400-in-japan-jp.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×