新技術を搭載した2009年版セキュリティ製品群を発売(マカフィー) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.18(水)

新技術を搭載した2009年版セキュリティ製品群を発売(マカフィー)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 マカフィー株式会社は10月28日、コンシューマ向けのセキュリティ製品の2009年版を同日より発売したと発表した。発売された製品は、「マカフィー・ウィルススキャンプラス2009」「マカフィー・インターネットセキュリティ2009」「マカフィー・トータルプロテクション2009」の3製品。参考価格(マカフィーストア「オンラインストア」での標準価格)はそれぞれ1年、3ユーザで5,040円、5,775円、6,980円となっている。

 2009年版製品には、新テクノロジ「Active Protection」が搭載された。Active Protectionは、マルウェアが検出された際に更新情報を瞬時に受け取ることが可能な技術で、これによりユーザは常に安全な状態を保つことができる。また、主要競合製品の1,000倍超の速さを実現した。このほか、全スパムの99%を検出する企業向けグレードの強力な新スパム対策機能や、侵入者がネットワークに接続した場合、ユーザへの警告を発することで家庭内での防護を強化するネットワーク監視機能、オンラインショッピングでのなりすまし犯罪やクレジットカード詐欺からの防御など広範囲な防護機能を搭載している。

http://www.mcafee.com/japan/about/prelease/pr_08b.asp?pr=08/10/28-1
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×