毎秒1ギガビットの高性能レイヤー2暗号化機能搭載スイッチを発売(富士通) | ScanNetSecurity
2021.10.22(金)

毎秒1ギガビットの高性能レイヤー2暗号化機能搭載スイッチを発売(富士通)

 富士通株式会社は10月27日、レイヤー2暗号化機能を搭載した高信頼スイッチ「SR-S224CP1」の販売開始を発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 富士通株式会社は10月27日、レイヤー2暗号化機能を搭載した高信頼スイッチ「SR-S224CP1」の販売開始を発表した。

 同製品は、企業のネットワーク内を流れるデータを、次世代標準暗号化方式AESにより暗号化することで、セキュアなデータ通信を実現し、企業内からの情報漏えいを未然に防止する製品。先進の暗号化プロセッサMB86C60を搭載することで、ハードウェア処理によるレイヤー2ネットワーク区間の1Gbpsの高速暗号化を従来製品に比べ低価格で実現。また、高信頼スイッチ「SR-Sシリーズ」の一つとして提供されるため、同シリーズで提供しているネットワーク認証や、アクセス制御の設定を行うACL(Access Control List)と組み合わせることで、専用装置と比較して、より強固で柔軟なシステム構築が可能。

 基本インターフェースは100/1000BASE-T or SFP×4(うち2ポートが暗号ポート)、10/100BASE-TX×24。スイッチ容量は12.8Gbps。価格は1,995,000円。出荷は12月下旬から。

http://pr.fujitsu.com/jp/news/2008/10/27.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★

2021年10月8日(金)~11月30日(火) の間 ScanNetSecurity 創刊23周年記念価格で提供。

×