Linuxセキュリティ製品の最新版と新製品を発売(日本エフ・セキュア) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.21(土)

Linuxセキュリティ製品の最新版と新製品を発売(日本エフ・セキュア)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 日本エフ・セキュア株式会社は10月22日、Linuxセキュリティ製品「F-Secure Linuxサーバセキュリティ」をバージョンアップし、また従来のすべての機能を持つLinuxサーバ向け統合型セキュリティ・ソリューション「Linuxセキュリティ フル エディション」と新製品「Linuxセキュリティ コマンドライン エディション」の2製品を発表した。

 新バージョンでは、ウイルス検査エンジンの統合やキャッシングの改良、圧縮ファイル展開ロジックの改良を行ったほか、2製品ともCentOS V4・V5、Ubuntu V8.04に対応した。同社はまた、「アンチウィルス Linux ゲートウェイ V3.0」も同時に発表した。同製品はログ検索機能の追加、ウイルス検査エンジンの統合によるパフォーマンスの向上などを行っている。

http://www.f-secure.co.jp/news/200810221/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×