Windowsクライアント向け統合セキュリティ製品をバージョンアップ(日本エフ・セキュア) | ScanNetSecurity
2022.01.17(月)

Windowsクライアント向け統合セキュリティ製品をバージョンアップ(日本エフ・セキュア)

 日本エフ・セキュア株式会社は10月15日、Windowsクライアント向け統合型セキュリティ・ソリューション「F-Secure アンチウイルス クライアント セキュリティVer.8.0」、「F-Secure アンチウイルス ワークステーション版Ver.8.0」を発売した。価格は前バージョンから据

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 日本エフ・セキュア株式会社は10月15日、Windowsクライアント向け統合型セキュリティ・ソリューション「F-Secure アンチウイルス クライアント セキュリティVer.8.0」、「F-Secure アンチウイルス ワークステーション版Ver.8.0」を発売した。価格は前バージョンから据え置きとなっており、1〜24ユーザの場合で初年度ユーザ単価が9,200円から。

 新バージョンでは、スキャンエンジンの改良・統合と、キャッシング技術の改良によるパフォーマンスの向上を実現した。また、未知の脅威(ゼロデイアタック)に対する、不正侵入防止技術(HIPS)の新バージョン「ディープガード 2.0」も新搭載し、全世界で未知のファイルの情報を最短60秒で共有することが可能となった。その他、新バージョンからIPV6、Windows Vista 64ビットに対応している。

http://www.f-secure.co.jp/news/200810151/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×