Windowsクライアント向け統合セキュリティ製品をバージョンアップ(日本エフ・セキュア) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.16(月)

Windowsクライアント向け統合セキュリティ製品をバージョンアップ(日本エフ・セキュア)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 日本エフ・セキュア株式会社は10月15日、Windowsクライアント向け統合型セキュリティ・ソリューション「F-Secure アンチウイルス クライアント セキュリティVer.8.0」、「F-Secure アンチウイルス ワークステーション版Ver.8.0」を発売した。価格は前バージョンから据え置きとなっており、1〜24ユーザの場合で初年度ユーザ単価が9,200円から。

 新バージョンでは、スキャンエンジンの改良・統合と、キャッシング技術の改良によるパフォーマンスの向上を実現した。また、未知の脅威(ゼロデイアタック)に対する、不正侵入防止技術(HIPS)の新バージョン「ディープガード 2.0」も新搭載し、全世界で未知のファイルの情報を最短60秒で共有することが可能となった。その他、新バージョンからIPV6、Windows Vista 64ビットに対応している。

http://www.f-secure.co.jp/news/200810151/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×