アイデンティティ管理ソフトの新バージョンを発売(カスタム・テクノロジー) | ScanNetSecurity
2022.01.20(木)

アイデンティティ管理ソフトの新バージョンを発売(カスタム・テクノロジー)

 カスタム・テクノロジー株式会社は10月10日、アイデンティティ管理ソフトの最新版「SyncTrust Identity Manager Version3.1.3」を発売した。最新版では、SVアップロード操作を指定した日時に自動取得できる「CSV自動取得機能」や、操作日時をアカウント(行)ごとに指

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 カスタム・テクノロジー株式会社は10月10日、アイデンティティ管理ソフトの最新版「SyncTrust Identity Manager Version3.1.3」を発売した。最新版では、SVアップロード操作を指定した日時に自動取得できる「CSV自動取得機能」や、操作日時をアカウント(行)ごとに指定できる「分割処理機能」を搭載した。

 また、パスワードをリセットできる「パスワードリマインダ機能」や、CSV自動取得やCSV分割処理といったCSVアップロード操作の新機能を追加するなど、顧客の意見をもとに機能の強化と操作性の向上を行ったことが特徴。そのほか、アカウント操作画面からさまざまな変更/設定が行えるようになるなど、いくつかの機能を強化している。

http://www.ctech.co.jp/2008/10/tp0004.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×