Webサイトの脆弱性の届出件数が突出して激増(IPA他) | ScanNetSecurity
2022.01.25(火)

Webサイトの脆弱性の届出件数が突出して激増(IPA他)

 独立行政法人 情報処理推進機構セキュリティセンター(IPA)と有限責任中間法人JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)は10月14日、2008年第3四半期(7月〜9月)の脆弱性関連情報の届出状況を発表した。2008年第3四半期の届出件数は、ソフトウェア製品関連が5

製品・サービス・業界動向 業界動向
 独立行政法人 情報処理推進機構セキュリティセンター(IPA)と有限責任中間法人JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)は10月14日、2008年第3四半期(7月〜9月)の脆弱性関連情報の届出状況を発表した。2008年第3四半期の届出件数は、ソフトウェア製品関連が55件、Webアプリケーション(Webサイト)関連関が509件であった。

 届出受付開始(2004年7月)からの累計は、ソフトウェア製品関連が802件、ウェブサイト関連が2,084件、合計2,886件となっている。なお、Webサイトの脆弱性の届出件数が509件と突出して激増したのは、2008年8月からDNSキャッシュポイズニングの脆弱性の届出が激増しているためで、すべてのWebサイト運営者は早急な調査と対策実施が必要であるとしている。

http://www.ipa.go.jp/security/vuln/report/vuln2008q3.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×