企業向け製品は内部統制対策の需要により、高い成長率で市場が拡大(IDC) | ScanNetSecurity
2022.01.20(木)

企業向け製品は内部統制対策の需要により、高い成長率で市場が拡大(IDC)

 IDC Japan株式会社は10月8日、国内セキュリティソフトウェア市場のうち「セキュアコンテンツ管理製品」「脅威管理製品」の市場予測を発表した。セキュアコンテンツ管理製品は、2007年から2012年の年間平均成長率(CAGR)は5.1%で、2012年には1,102億円の市場規模に拡

製品・サービス・業界動向 業界動向
 IDC Japan株式会社は10月8日、国内セキュリティソフトウェア市場のうち「セキュアコンテンツ管理製品」「脅威管理製品」の市場予測を発表した。セキュアコンテンツ管理製品は、2007年から2012年の年間平均成長率(CAGR)は5.1%で、2012年には1,102億円の市場規模に拡大するとIDCではみている。また、2012年におけるコンシューマー向けソフトウェア製品は、480億円(CAGR 5.8%)、企業向けソフトウェア製品は622億円(CAGR 4.5%)に達するとしている。

 コンシューマー製品市場は、PCユーザだけではこれまでのような新規需要による高い成長率は難しくなってきており、携帯電話などの新たなコンシューマー市場でのユーザ獲得により市場が拡大するとみている。また企業向け製品市場では、外部からのさまざまな脅威から防御する機能が加わった統合製品が主流となってきており、特にメッセージセキュリティ製品が情報漏えいや内部統制対策の需要により、2007年から2012年のCAGRは16.3%とセキュアコンテンツ管理の中で最も高い成長率で拡大するとIDCではみている。

http://www.idcjapan.co.jp/Press/Current/20081008Apr.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×