3社の協力で中堅中小企業のセキュリティ向上を支援(マイクロソフト他) | ScanNetSecurity
2020.10.29(木)

3社の協力で中堅中小企業のセキュリティ向上を支援(マイクロソフト他)

 株式会社大塚商会、アライドテレシス株式会社、マイクロソフト株式会社の3社は9月24日、大塚商会が10月より提供を開始する「検疫システム導入スターターパック」の開発で協力すると発表した。3社は、Windows Server 2008に標準で搭載されているネットワーク アクセス保

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 株式会社大塚商会、アライドテレシス株式会社、マイクロソフト株式会社の3社は9月24日、大塚商会が10月より提供を開始する「検疫システム導入スターターパック」の開発で協力すると発表した。3社は、Windows Server 2008に標準で搭載されているネットワーク アクセス保護(NAP)やActive Directoryを利用するとともに、あらかじめアライドテレシスのスイッチ製品との連携検証を行った「検疫システム導入スターターパック」を開発し、最新の検疫システムを低コストで実現した。

 技術的な面では大塚商会が導入設計サービスを提供し、導入企業の負担軽減を図る。本ソリューションにより、導入企業はネットワークに接続したPCの状態を自動的にチェックし、外出先からのノートPCの接続や私用PCの持ち込みに対しても安全な社内ネットワークを構築することが可能になる。価格は998,000円から(税抜)。

http://www.microsoft.com/japan/presspass/detail.aspx?newsid=3532
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×