個人情報が記録された検針用携帯端末機を紛失(TOKAI) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.21(水)

個人情報が記録された検針用携帯端末機を紛失(TOKAI)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 株式会社TOKAIは9月9日、同社千葉支店において係員が市川市のLPガス顧客宅のガスメーター検針作業中に、LPガスメーター検針用携帯端末機(ハンディターミナル)1台を紛失する事故が発生したと発表した。これは、同社係員がガスメーターの検針作業中にハンディターミナルを身体から外し、業務用車両のボンネットに置き、そのまま走行を開始して次の作業地域まで走行した間に車両から落ちたものと思われるという。紛失したハンディターミナルには、顧客428件の個人情報が保存されており、その内容はお客様番号、ガスメーター番号、住所、氏名、ガスメーターの指針で、顧客の電話番号や料金支払口座などの情報は一切含まれていないとしている。


http://tokai.jp/Wnews/200909release.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×