情報資産の管理と情報漏洩リスクを診断するリモート管理サービスを提供(日立電子サービス) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.20(土)

情報資産の管理と情報漏洩リスクを診断するリモート管理サービスを提供(日立電子サービス)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 日立電子サービス株式会社は9月18日、中小規模組織向けに、オフィスIT機器の導入から、増設、移設、故障対応、撤去、廃棄までの煩雑な運用業務をサポートするサービス「OFITLCM on demand(オフィットエルシーエム オンデマンド)」のオプションメニューとして、情報資産管理と情報漏洩リスクを診断するリモート管理サービス「OFITLCM/SOFT+(オフィットエルシーエム ソフトプラス)」の提供を開始した。

 同サービスは、インターネット経由でユーザーPCからインベントリ情報を収集し、その情報管理と月次報告、セキュリティ対策診断を行う管理代行サービス。社内システム管理者に代わり、同社がインベントリ情報を管理するため、業務コストの削減が可能。また、セキュリティパッチ、ウイルス対策ソフトの更新状況及び禁止ソフトのインストール状況、インベントリ収集状況によりセキュリティレベルを5段階で判定し表示するため、現在の対策状況が十分かどうかを簡単に把握することができる。本オプションサービスの追加料金は1台当たり月額735円。

http://www.hitachi-densa.co.jp/news/2008/20080918.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×