欧米の「情報保障と公共機関の組織責任調査」の結果を発表(クリアスウィフト) | ScanNetSecurity
2021.07.24(土)

欧米の「情報保障と公共機関の組織責任調査」の結果を発表(クリアスウィフト)

 クリアスウィフト株式会社は9月16日、IA08(官公庁の情報保障に関するイベント、英国クリアスウィフト共催)で実施した「情報保障と公共機関の組織責任調査」の結果を発表した。調査の結果、公共機関で働く53%の回答者は、IA(情報保障)問題に十分な時間をかけていな

製品・サービス・業界動向 業界動向
 クリアスウィフト株式会社は9月16日、IA08(官公庁の情報保障に関するイベント、英国クリアスウィフト共催)で実施した「情報保障と公共機関の組織責任調査」の結果を発表した。調査の結果、公共機関で働く53%の回答者は、IA(情報保障)問題に十分な時間をかけていないと認識していることが分かった。また、約5分の1(19%)の英国公共機関のIT部門意思決定者は、この1年から1年半の間に、データ損失の被害に遭っている事実が判明している。

 公共機関のIT部門意思決定者の62%は、データ・セキュリティ違反の情報公開に関する法律の導入を知らなかった。さらに85%もの回答者が仮にデータ・セキュリティ違反が発生したとしても、情報を公開すべきだとは認識しておらず、公共機関職員の機密データの取り扱いに対する消極的な姿勢が浮き彫りになっている。データ・セキュリティ違反の情報公開に関する法律の影響に関しては、英国公共機関の回答者の約半分(46%)は、ITにかかわる年間支出が最低5%は増加すると予想している。

http://www.clearswift.co.jp/news/PressReleases/?080916
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×