RSA Secured Partner Program認証を取得、強力な暗号化と認証を実現(SSH) | ScanNetSecurity
2021.07.24(土)

RSA Secured Partner Program認証を取得、強力な暗号化と認証を実現(SSH)

 SSHコミュニケーションズ・セキュリティ社(SSH)は9月15日、同社製品「Tectia Client」「Tectia Server」および「Tectia ConnectSecure」製品と、「RSA SecurID」および「RSA Certificate Manager」との間の相互運用性が認証されたことを発表した。企業向けセキュリテ

製品・サービス・業界動向 業界動向
 SSHコミュニケーションズ・セキュリティ社(SSH)は9月15日、同社製品「Tectia Client」「Tectia Server」および「Tectia ConnectSecure」製品と、「RSA SecurID」および「RSA Certificate Manager」との間の相互運用性が認証されたことを発表した。企業向けセキュリティ・ソリューションであるSSHの「Tectia Client」「Tectia Server」は、ネットワーク全体にわたるセキュアなファイル転送、セキュアなシステム管理およびセキュアなアプリケーション接続が可能。

 「SSH Tectia」と「RSA SecurID」を組み合わせることで、セキュアなアクセス制御およびより信頼性の高い証拠・記録の保管(Chain of Custody)のためにニ要素認証技術を利用して、ミッション・クリティカルなファイル転送とデータ送信を保護することができる。また「RSA Certificate Manager」は、暗号化鍵およびデジタル証明書の管理を自動化・一元化する拡張性を備えたシステムを提供する。SSHでは、この相互運用によるRSA社製品とのパートナーシップにより、高度なデータセキュリティ、構築に要する時間の短縮、総所有コスト(TCO)の削減などの利点が企業ユーザにもたらされると確信している。

http://www.jp.ssh.com/company/news/article/936/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×