日本語表示可能なポータブル・カードリーダー型認証トークンを発表(VASCO) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.25(日)

日本語表示可能なポータブル・カードリーダー型認証トークンを発表(VASCO)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 株式会社 VASCO Data Security Japan (VASCO) は9月2日、世界で初めて日本語を表示できるワンタイムパスワード生成用ポータブルカードリーダー「DIGIPASS 810(デジパス 810)」を発表した。

 DIGIPASS 810は、漢字などアジア地域の文字セットに対応したポータブル・カードリーダー型認証トークン。80×14ドットの液晶ディスプレイに日本語や中国語などの漢字やひらがなを表示でき、英語が分からなくても利用しやすくなっている。また同製品は、ICカードを使用した電子認証の世界標準規格EMV-CAPと、MasterCardが昨年発表した最新仕様のCAP-Eの2つに準拠。対応ICカードを挿入してカードの暗証番号を入力することでワンタイムパスワードを生成できるため、強力な本人認証が実現できる。さらに電子署名機能も標準搭載しており、トランザクションの内容に対して電子署名を行うことで、盗聴などによる不正な改竄を防止することが可能。

http://www.vasco.co.jp/Press/080902_DIGIPASS_810.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×