新大阪駅社員が盗難に遭い個人情報を記録したUSBメモリなど紛失(JR東海) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.05.25(金)

新大阪駅社員が盗難に遭い個人情報を記録したUSBメモリなど紛失(JR東海)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 東海旅客鉄道株式会社(JR東海)は9月3日、同社新大阪駅社員(助役)が帰宅途上において鞄の盗難に遭い、その中に入っていた顧客および同社社員などの個人情報、当該社員が受発信した社内メールが記録されたUSBメモリおよびコンパクトフラッシュの所在が不明となっていると発表した。所在不明となっているUSBメモリ等に記録されていたと推測される情報は、平成18年7月から平成20年8月の間、新大阪駅で利用のあったクレジットカード売上票(駅控)の一部の写しおよびそのリスト641枚(405名分)。

 また、平成18年7月から平成20年8月の間、新大阪駅における顧客からの意見等の写し(約150件分)、新大阪駅社員の住所録等、当該社員が平成18年7月以降に受発信した社内メール。クレジットカード売上票(駅控)の一部の写しおよびそのリストには、顧客氏名(署名)、利用したクレジットカード会社の略称、クレジットカード番号、取引金額、取引内容(主な乗車券類の種別、区間等)、取引日、取引時刻等(有効期限は除く)が記載されていた。また、意見等の写しには159名分の顧客氏名、電話番号等が記載されていた。


http://jr-central.co.jp/news/release/nws000175.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×