ZIPベースのデータセキュリティツールの最新版を発売(エクセルソフト) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.11.18(土)

ZIPベースのデータセキュリティツールの最新版を発売(エクセルソフト)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 エクセルソフト株式会社は8月26日、ZIPベースのWindows向けデータセキュリティツールの最新版「SecureZIP for Windows Desktop v11.2 日本語版」を8月22日より販売開始したことを発表した。

 同ソフトは、データ圧縮のZIP標準にデータセキュリティ機能を付加したセキュア・データコンテナ。データの圧縮/解凍、アーカイブといった標準機能に加え、パスワードやデジタル証明書を利用した強固な暗号化機能、認証、デジタル署名などを提供するもの。ZIPの可搬性を維持したままでデータの安全性を強化できる。

 最新バージョンは、ヘルプファイルの日本語化、PKSFX(自己解凍ファイル作成)モジュールの日本語GUIとUTF-8対応により使い勝手が向上している。また、米国連邦機関の情報処理の標準であるFIPS(Federal Information Processing Standards)対応モードの搭載、SHA-2ハッシュアルゴリズム(SHA-256、SHA-384、SHA-512)のサポートなど機能も強化された。

 対応OSはWindows 2000 SP4/XP SP2/Vista。ライセンス価格はStandard版で5,103円(1ライセンス)〜。ポリシー管理機能を搭載したEnterprise版も提供中。

http://www.xlsoft.com/jp/services/press/PressRelease_SecureZIPv11.2_20080826.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

製品・サービス・業界動向 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 「Office 365」のアカウント情報が漏えいすると企業の脅威になる可能性(IPA)

    「Office 365」のアカウント情報が漏えいすると企業の脅威になる可能性(IPA)

  2. 自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

    自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

  3. 次世代FW+Sandbox+SIEM+SOCの管理体制が限界を迎えるとき~三年後を先取りするVectra Networks社製品とは

    次世代FW+Sandbox+SIEM+SOCの管理体制が限界を迎えるとき~三年後を先取りするVectra Networks社製品とは

  4. サイバー攻撃の観測レポートや注意喚起情報などをブログ形式で発信(IIJ)

  5. 新たにCISOを設置、SOCにCSIRTとPSIRT機能を集約し経営体制を強化(東芝)

  6. IoTとAIを組み込んだスマートマンション、そのサイバーセキュリティを探る(インヴァランス)

  7. セキュリティ専門家がCSIRTの新規構築、既存の見直し・強化を支援(SBT)

  8. 人の動作に偽装するボットアクセスを検知(アカマイ)

  9. ITだけでなくOT、IoT分野のセキュリティインシデントに早期対応するSOC(日立システムズ)

  10. ここが危ないインターネット クレジットカードの落とし穴

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×