2008年7月の月間マルウェアランキングの結果を発表(キヤノンITソリューションズ) | ScanNetSecurity
2020.10.26(月)

2008年7月の月間マルウェアランキングの結果を発表(キヤノンITソリューションズ)

 キヤノンITソリューションズ株式会社は、2008年7月の月間マルウェアランキングの結果を発表した。ランキングによると、2008年7月もマルウェアファミリの「Win32/PSW.OnLineGames」が第1位で、検出された脅威全体のうち約12.72%を占めていることが分かった。同マルウェ

製品・サービス・業界動向 業界動向
 キヤノンITソリューションズ株式会社は、2008年7月の月間マルウェアランキングの結果を発表した。ランキングによると、2008年7月もマルウェアファミリの「Win32/PSW.OnLineGames」が第1位で、検出された脅威全体のうち約12.72%を占めていることが分かった。同マルウェアは、キーロガーとrootkitの機能を備えたトロイの木馬ファミリで、オンラインゲームとそのユーザIDに関する情報を収集してリモートの攻撃者に送信する。

 このためユーザは、ゲームや仮想空間での無意味な疑似ウイルス攻撃だけでなく、現実世界での金銭的被害を引き起こすフィッシングなどの詐欺行為にも注意が必要だ。なおランキング2位は、Autorun.infを利用して悪意のあるプログラムを自動実行させる「INF/Autorun」、3位に動作中に複数のウィンドウを開いて好ましくない内容の広告を表示させる「Adware.Virtumonde」がランクインした。

http://canon-its.jp/product/eset/info/malware0807.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×