ネットワーク資産およびサーバ設定情報の把握サービスを提供開始(KCCS) | ScanNetSecurity
2021.10.28(木)

ネットワーク資産およびサーバ設定情報の把握サービスを提供開始(KCCS)

 京セラコミュニケーションシステム株式会社(KCCS)は8月6日、企業ネットワークに存在するネットワーク資産やリスクを収集・評価するための「SecureOWL(セキュアオウル)ネットワーク資産&リスク洗い出しサービス」および「サーバ設定確認サービス」の提供を8月20日

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 京セラコミュニケーションシステム株式会社(KCCS)は8月6日、企業ネットワークに存在するネットワーク資産やリスクを収集・評価するための「SecureOWL(セキュアオウル)ネットワーク資産&リスク洗い出しサービス」および「サーバ設定確認サービス」の提供を8月20日より開始すると発表した。

 前者は、顧客のネットワーク内に診断装置を設置し、KCCSのセキュリティエンジニアがリモート操作により、イントラネット内に接続されているサーバ・ネットワーク機器の洗い出しを行うサービス。稼動中のOS、サービス、アプリケーション情報と脆弱性リスクを台帳化し、CSV形式のデータおよびサマリーレポートを提供する。後者は、KCCSのセキュリティエンジニアが顧客を訪問し、利用しているサーバの設定情報の確認とレポーティングを代行するサービス。管理者権限のあるユーザの一覧や稼動状態を含めたサービスの一覧、またはインストール済みパッチやパッケージ情報などのレポートを即座に提供する。利用料金は、「SecureOWLネットワーク資産&リスク洗い出しサービス」が598,000円(税抜)から、「サーバ設定確認サービス」は基本サービスの設定確認サービスが250,000円(税抜)、モジュール追加サービスが14,000円(税抜)。

http://www.kccs.co.jp/press/release/080806.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★

2021年10月8日(金)~11月30日(火) の間 ScanNetSecurity 創刊23周年記念価格で提供。

×