データベースセキュリティ研究所の最新レポートを公開(ラック) | ScanNetSecurity
2020.10.26(月)

データベースセキュリティ研究所の最新レポートを公開(ラック)

 株式会社ラックは8月6日、同社の研究機関であるサイバーリスク総合研究所のデータベースセキュリティ研究所が「情報漏えい緊急対応サービス」を通して得た情報をもとに、Webアプリケーションやデータベースのセキュリティ対策状況および、その対策方法をまとめたレポー

製品・サービス・業界動向 業界動向
 株式会社ラックは8月6日、同社の研究機関であるサイバーリスク総合研究所のデータベースセキュリティ研究所が「情報漏えい緊急対応サービス」を通して得た情報をもとに、Webアプリケーションやデータベースのセキュリティ対策状況および、その対策方法をまとめたレポート「緊急対応から見たWebサイト用データベースセキュリティ対策〜継続するSQLインジェクションの脅威」を発表した。本レポートは、攻撃手口別のSQLインジェクション攻撃の解説、ログやデータベースから攻撃を確認する方法、無防備なデータベースのセキュリティ対策状況などを説明した後、最後にデータベースで実施すべき対策事項という構成となっている。

 特にWebサイト用データベースにおける主な不備として「アプリケーション用データベースユーザのアクセス権限の過剰」、「重要情報が暗号化されていない」、「データベースアクセスログの未取得」の3点を挙げており、攻撃に対して実施すべき対策として「アプリケーション用データベースユーザの管理者権限の利用禁止」、「データベースにおける主要操作のロギング(ログの取得)」、「データベーストリガー機能によるSQLインジェクション攻撃の防御」、「エラーページのカスタマイズ」の4つを提示している。

http://www.lac.co.jp/news/press20080806.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×