セキュリティ診断結果の傾向分析レポート2008年版を公開(NRIセキュア) | ScanNetSecurity
2020.11.28(土)

セキュリティ診断結果の傾向分析レポート2008年版を公開(NRIセキュア)

 NRIセキュアテクノロジーズ株式会社は7月28日、セキュリティ診断結果の傾向分析レポート2008年版を公開した。このレポートは、2007年度に同社が受託した169のWebサイトへのセキュリティ診断サービスの結果を分析したもの。レポートによると、診断を実施したWebサイトの

製品・サービス・業界動向 業界動向
 NRIセキュアテクノロジーズ株式会社は7月28日、セキュリティ診断結果の傾向分析レポート2008年版を公開した。このレポートは、2007年度に同社が受託した169のWebサイトへのセキュリティ診断サービスの結果を分析したもの。レポートによると、診断を実施したWebサイトの41%で個人情報を含む重要情報に不正にアクセスできる致命的な欠陥を確認した。

 欠陥の原因(特にSQLインジェクション、クロスサイトスクリプティング)の多くは「対策漏れ」によるもので、Webサイトの開発プロセスの中で十分な対策がとられていないという現状がうかがえる。また、診断を初めて受診する企業のWebサイトの54%で致命的な欠陥を発見している。携帯向けWebサイトには、PC向けサイトと異なるセキュリティ上の問題が発生する傾向があり、例えば推測可能なセッションIDの発見割合がPC向けサイトの2倍以上となっていた。

http://www.nri-secure.co.jp/news/2008/0728.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×