「au one net」WEBメールで他ユーザのメールが閲覧できる状態に(KDDI) | ScanNetSecurity
2021.09.27(月)

「au one net」WEBメールで他ユーザのメールが閲覧できる状態に(KDDI)

 KDDI株式会社は7月25日、同社の固定系インターネット接続サービス「au one net」(旧DION)で提供しているメールサービスの中で、WEBメールサービスにおいて、ユーザが他のユーザのアドレスによって送受信されたメールを閲覧してしまう可能性があることを確認したと発

製品・サービス・業界動向 業界動向
 KDDI株式会社は7月25日、同社の固定系インターネット接続サービス「au one net」(旧DION)で提供しているメールサービスの中で、WEBメールサービスにおいて、ユーザが他のユーザのアドレスによって送受信されたメールを閲覧してしまう可能性があることを確認したと発表した。同日16時17分より上記WEBメールサービスを停止している。

 WEBメールサービスに登録しているユーザは185,290IDにのぼるが、WEBメールにログインした際に、他のユーザのメールが閲覧できてしまった事例が1件あったことが確認されたという。閲覧できた内容は、送信メールBOX、受信メールBOXで閲覧可能な項目で、メール本文、添付ファイル、送信元メールアドレス、送信先メールアドレス、通信年月日、およびWebメールのアドレス帳に登録している情報(名前、メールアドレスなど)となっている。


http://www.kddi.com/corporate/news_release/2008/0725c/index.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×