特任准教授が約1,300名の個人情報を記録したノートPCを紛失(名古屋大学) | ScanNetSecurity
2021.08.05(木)

特任准教授が約1,300名の個人情報を記録したノートPCを紛失(名古屋大学)

 名古屋大学は7月3日、同大学の特任准教授がノートPCを紛失したと発表した。これは、同教授が6月25日に同大学教育学部の大講義室で講義を行った際にノートPCを置き忘れたというもの。紛失したノートPCには、同教授が前職の頃から個人情報を保存していた名刺管理ソフトや

製品・サービス・業界動向 業界動向
 名古屋大学は7月3日、同大学の特任准教授がノートPCを紛失したと発表した。これは、同教授が6月25日に同大学教育学部の大講義室で講義を行った際にノートPCを置き忘れたというもの。紛失したノートPCには、同教授が前職の頃から個人情報を保存していた名刺管理ソフトや、送受信メールが記録されていた。個人情報の件数は約1,320名分とされている。


http://www.nagoya-u.ac.jp/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×