カスペルスキー製品で「一太郎」ファイルを削除する誤検知が発生(ジャストシステム) | ScanNetSecurity
2021.08.01(日)

カスペルスキー製品で「一太郎」ファイルを削除する誤検知が発生(ジャストシステム)

 株式会社ジャストシステムは7月3日、同日に配信された定義データベースの適用により、カスペルスキー製品ならびにカスペルスキー製定義データベースを利用する製品およびサービス全般において、ジャストシステムのワードプロセッサ「一太郎」のファイル形式がウイルス

製品・サービス・業界動向 業界動向
 株式会社ジャストシステムは7月3日、同日に配信された定義データベースの適用により、カスペルスキー製品ならびにカスペルスキー製定義データベースを利用する製品およびサービス全般において、ジャストシステムのワードプロセッサ「一太郎」のファイル形式がウイルスとして誤検知される現象を確認したと発表した。これは、一太郎のファイルをマルウェア「Trojan-Dropper.Ichitaro.Tarodrop.l」として誤検知し、処理の設定によって削除されるというもの。誤検知が発生した定義ファイルは7月3日10時41分に発行されたもので、同日17時28分には修正版が発行されている。


http://www.kaspersky.co.jp/news?id=207578678
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×