PCの情報セキュリティ診断ソフトの最新版を発売(富士通四国システムズ) | ScanNetSecurity
2021.08.01(日)

PCの情報セキュリティ診断ソフトの最新版を発売(富士通四国システムズ)

株式会社富士通四国システムズは7月1日、PC情報セキュリティ診断ソフトの最新版「DOEXPRESS Security V3.0」を発売したと発表した。価格はイントラ版が10ライセンスで40,000円。ASP版が1本あたり8,000円など(共に税別)。同製品は、PCのセキュリティ対策状況を正確にかつ

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社富士通四国システムズは7月1日、PC情報セキュリティ診断ソフトの最新版「DOEXPRESS Security V3.0」を発売したと発表した。価格はイントラ版が10ライセンスで40,000円。ASP版が1本あたり8,000円など(共に税別)。同製品は、PCのセキュリティ対策状況を正確にかつ自動的に診断し、すぐに結果を確認できるようにするもの。

最新版では、ウイルスバスター 2008、ウイルスバスター コーポレートエディション 8.0、マカフィーウイルススキャン 2008、マカフィーウイルススキャン Enterprise8.5i、Symantec EndPoint Protection 11.0、Norton AntiVirus 2008に対応した。また、システム管理者が指定した必須ソフトを診断する機能なども追加している。

http://jp.fujitsu.com/group/shikoku/release/20080701.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×