千葉銀行が9月よりネットバンキングにワンタイム・パスワードを導入(RSAセキュリティ) | ScanNetSecurity
2021.01.19(火)

千葉銀行が9月よりネットバンキングにワンタイム・パスワードを導入(RSAセキュリティ)

RSAセキュリティ株式会社は6月16日、千葉銀行が個人向けインターネットバンキング利用者のセキュリティ対策として、ワンタイム・パスワードの「RSASecurID」を採用したことを発表した。同行は、RSA SecurIDによる「ワンタイムパスワード認証」を2008年9月より開始する予

製品・サービス・業界動向 業界動向
RSAセキュリティ株式会社は6月16日、千葉銀行が個人向けインターネットバンキング利用者のセキュリティ対策として、ワンタイム・パスワードの「RSASecurID」を採用したことを発表した。同行は、RSA SecurIDによる「ワンタイムパスワード認証」を2008年9月より開始する予定で、希望する顧客にはワンタイム・パスワード生成機を無料で配布する。

RSA SecurIDは、60秒ごとに生成されるランダムな数字と本人だけが知る暗証番号という、二つの要素を用いて認証を行うワンタイム・パスワード。表示される数字を入力するだけのシンプルな使い勝手が特徴で、有効なパスワードは60秒ごとに変わるため、スパイウェアやファイル共有ソフトなどを利用したパスワード詐取によるなりすましを防ぎ、強力な本人認証を実現できる。

http://japan.rsa.com/press_release.aspx?id=9433
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×