紙と電子データの暗号化技術の開発に成功(富士通研究所) | ScanNetSecurity
2021.01.17(日)

紙と電子データの暗号化技術の開発に成功(富士通研究所)

株式会社富士通研究所は6月10日、紙と電子データの機密情報を部分的に暗号化し、領域ごとに閲覧権限の制御が可能な技術を開発したと発表した。同技術の成功は世界で初となる。同社は、画像をパズルのように区切り、位置を入れ替えるという技術「画像スクランブル」をベー

製品・サービス・業界動向 業界動向
株式会社富士通研究所は6月10日、紙と電子データの機密情報を部分的に暗号化し、領域ごとに閲覧権限の制御が可能な技術を開発したと発表した。同技術の成功は世界で初となる。同社は、画像をパズルのように区切り、位置を入れ替えるという技術「画像スクランブル」をベースに、セキュリティの強化と画質劣化後も復号を可能にする画像変換を加えた暗号化技術と、権限によってドキュメント内の閲覧可能領域を変えることができる技術を開発した。

これにより紙媒体(印刷物)・電子データを問わず、暗号化・復号することが可能となったほか、権限によってドキュメント内の閲覧可能領域を変えれらるため、セキュリティを確保しながら、さまざまな権限の人がひとつのドキュメントを共有できるようになった。同社は今後、同技術を適用した製品やソリューションを提供していく予定だ。

http://pr.fujitsu.com/jp/news/2008/06/10.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×