87%のWebサイトに何らかの脆弱性、MBSDが検査レポート(MBSD) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.12(水)

87%のWebサイトに何らかの脆弱性、MBSDが検査レポート(MBSD)

 三井物産セキュアディレクション株式会社は5月26日、「Webアプリケーション脆弱性検査サービス」の最新統計レポートを公開した。このレポートは、MBSDが2007年度(2007年4月1日〜2008年3月31日)に実施したWebアプリケーション脆弱性検査サービスの結果と、2002年から

製品・サービス・業界動向 業界動向
 三井物産セキュアディレクション株式会社は5月26日、「Webアプリケーション脆弱性検査サービス」の最新統計レポートを公開した。このレポートは、MBSDが2007年度(2007年4月1日〜2008年3月31日)に実施したWebアプリケーション脆弱性検査サービスの結果と、2002年からの統計を集計し、Webサイトのセキュリティ対策状況を分析したもの。

 レポートによると、昨年度検査を行ったWebサイトのうち、87%のサイトから何らかの脆弱性が発見されており、依然として多くのWebサイトで脆弱性が残っている、または新しく作りこまれている状況にある。ただし、脆弱性が発見されなかったセキュアなサイトの割合は年々増加傾向にある。一方で約過半数のサイトからは、個人情報漏洩等に繋がる恐れのある脆弱性が発見されている。これらの危険なサイトの割合も徐々に減少しているものの、まだ楽観視できない状況であるとしている。


http://www.mbsd.jp/newsrelease/pressrelease_20080526.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×