SQLインジェクション・ワームに関するレポートを発表(NTTデータ・セキュリティ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.25(火)

SQLインジェクション・ワームに関するレポートを発表(NTTデータ・セキュリティ)

NTTデータ・セキュリティ株式会社は5月21日、世界中でSQLインジェクション攻撃を用いてWebサイトを改竄するワームが発見されたことをうけ、同社の推奨する対策案を発表した。SQLインジェクション・ワームは、現在中国や台湾、香港、シンガポールなどのWebサイトを狙った

製品・サービス・業界動向 業界動向
NTTデータ・セキュリティ株式会社は5月21日、世界中でSQLインジェクション攻撃を用いてWebサイトを改竄するワームが発見されたことをうけ、同社の推奨する対策案を発表した。SQLインジェクション・ワームは、現在中国や台湾、香港、シンガポールなどのWebサイトを狙った攻撃へと拡大している。

SQLインジェクション攻撃により改竄されたWebサイトにアクセスして別サイトに誘導された場合は中国語の各ソフトやマイクロソフト製品の脆弱性などが利用されることも報告されている。同社は、誘導先サイトへの踏み台にされないよう、「Shadowserver Foundation」に掲載されている誘導先サイトをアクセス制限したり、サーバ上のWebアプリケーションにSQLインジェクションの脆弱性が存在する場合はプログラムを改修することを推奨している。

http://www.nttdata-sec.co.jp/column/report20080523.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×