SQLインジェクション・ワームに関する調査レポート(NTTデータ・セキュリティ) | ScanNetSecurity
2021.06.17(木)

SQLインジェクション・ワームに関する調査レポート(NTTデータ・セキュリティ)

NTTデータ・セキュリティ株式会社は5月15日、「SQLインジェクション・ワームに関する調査レポート」を発表した。このレポートは、SQLインジェクション攻撃を用いてWebサイトを改竄するワームが発見されたことを受け、これにより誘導されるサイトに存在するプログラムが利

製品・サービス・業界動向 業界動向
NTTデータ・セキュリティ株式会社は5月15日、「SQLインジェクション・ワームに関する調査レポート」を発表した。このレポートは、SQLインジェクション攻撃を用いてWebサイトを改竄するワームが発見されたことを受け、これにより誘導されるサイトに存在するプログラムが利用する脆弱性について調査したもの。

調査の結果、誘導先のサイトに存在するプログラムが利用する脆弱性は、「RealPlayer rmoc3260.dll ActiveX Controlの脆弱性(CVE-2008-1309)」「QuickTimeのRTSP URL処理の脆弱性(CVE-2007-0015)」「Windowsのアニメーションカーソルの脆弱性(CVE-2007-0038)」であった。なお、この調査はIDSの設置によって実施された。

http://www.nttdata-sec.co.jp/column/report20080515.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×