BSA、2007年度のソフトウェア違法コピー状況を発表 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.23(土)

BSA、2007年度のソフトウェア違法コピー状況を発表

製品・サービス・業界動向 業界動向

 BSA(ビジネス ソフトウェア アライアンス)は5月14日、全世界および各国・地域における2007年1月〜12月のコンピュータ・ソフトウェアの違法コピー状況を調査した「第5回世界ソフトウェア違法コピー調査」の結果を発表した。この調査は、BSAがIDCに委託したもので、これによると日本における2007年の違法コピー率は前年比2ポイント減の23%と世界で4番目(前年3番目)に低かったものの、同損害額は約17.9億ドル(約2112億円)と世界ワースト9位(前年5位)という結果となっている。

 一方、全世界の違法コピー率は、調査対象108ヶ国のうち8ヶ国で上昇したのに対し67ヶ国で低下と、低下した国の数が大きく上回ったが、高違法コピー率国の急激なPC市場の拡大により、全世界の違法コピー率は対前年比3ポイント増の38%、同損害額は21%上昇の約482億ドル(約5兆6876億円)という結果になっている。


BSA:2007年度のソフトウェア違法コピー状況を発表
http://www.bsa.or.jp/press/release/2008/0514.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×